人生は旅である。留まることなく、行ったり来たりを繰り返していく。つまり、人生と旅は同じであり、全てに通ずる。2007年から香川県高松市で旅をテーマにしたセレクトショップを営むエリさんは、このような思いから店名を「漂泊」と書いて「ハク」と名付けました。

大切な思いが込められた名前が趣深く刻まれています

「人と旅とモノ」をつなげる

漂泊には、エリさんの心に響いた国内の作家の1点モノや、海外で見つけた個性的な作品が置いてあります。香川に居ながらも旅をしているような、訪れる人にとっても新しい出会いを感じてもらえるような商品が並びます。

エリさんが選んだ、量産性でない心惹かれたモノたち

旅をテーマにすることで、もともと好きだった旅に出ることができ、エリさんが心惹かれるモノを見つけて持ち帰り、それを客に見つけてもらうことができる。漂泊は、「人と旅とモノ」をつなげる空間なのです。

エリさんえりすぐりの商品が並ぶ店内

エリさんにとっての「旅」

今までやったことのない、触れたことのない未知の世界に飛び込むことが好きなエリさんは、大学生の時に初めてヨーロッパを訪れました。その後も、エジプト、ジャマイカ、アメリカ、タイ、モンゴルなど数々の国を訪れます。

モンゴルで遊牧民と暮らした数日間 一緒に巻き割りをするエリさん

皆さんにとって旅とはどのようなものでしょうか。エリさんにとっての旅とは、エリさんが抱く不思議で、神秘的な疑問を確かめに行くことだと話します。人が持つ優しさや思いやりの感情は、世界共通であることを、自分の目で見たり、体験したりすることで確かめたかったのです。それに触れることで、安堵感を得て、またその先に向かうことができる。つまり、「人とのつながり」がエリさんの大きなテーマになっています。

エリさんがロサンゼルスから買い付けてきたモノ

それは、漂泊という場所においても同じです。エリさんは、商品を売って終わりにはしません。「あの子元気にしてる?」と、ユーモアを含ませながら、客に尋ねます。また、客からも「今、ここに置いてるよ」と写真を撮って、嬉しそうに見せてくれることもあるそうです。今度は、その写真を作家に「今、こんな風になっているよ」と見せると、作家も喜んでくれる。「最後の最後まで仕舞をつけたい」とエリさんは話します。

影が現れるとまた違う表情を見せる

モノを売った、で終わりにはせず、たまに訪れた人と、その人のもとに渡ったモノを思い出す。エリさんと漂泊は、漂泊を訪れる人と点ではなく、線でつながっています。

「お客さんは『漂泊があってくれてありがとう』と言ってくれるけれど、訪れてくれるお客さんがいるから、漂泊がある」と話すエリさんからは、漂泊に携わる全ての人への愛を感じます。

イベント開催で“知らない世界”を

キュートなサボテンが出迎える、リニューアルした漂泊

今の店舗は2018年、エリさんの出産と子育てを機に、生活のアクセスが良い場所に移転させたものです。

移転する前の店は、エリさんの30代、40代前半の思いがアートとして店に表れ、心置きなくやり遂げることができました。そして、生まれ変わった今の漂泊はとてもシンプルになりました。シンプルの中にも、個性的なモノを入れつつ、かっこよく見せたいとエリさんは話します。

そして、イベントや個展ができるようにと、新しくスペースを設けました。香川にはまだまだ変わった人がいると話すエリさん。変わった人とは、その世界を何十年も突き詰めていて、ピュアな人たちです。新たなスペースを利用し、そんな人たちと一緒にイベントを行っています。全てのイベントに共通することは、訪れる人が“知らない世界”を見せてくれるということです。

ステンドグラスを作成する尾崎雅子さんの個展

「お客様が知らない世界を見せてくれるから終わった後に、いつもみんなが平等に楽しい。それってすごいことで、作家さんもすごく喜んでくれるし、私も楽しかった。どのイベントが印象に残っているというより、その日が人生の中ですごく楽しかったなというのがいつもその都度ある。」

そんな素敵な連鎖は、人との繋がりを大切にしているエリさんだからこそ生み出すことができます。

未知の話を聞くことが旅そのもの

一方で、最近は旅をテーマに掲げながら、なかなか旅行に行けないことを少し寂しく感じてしまっていたエリさん。しかし、旅に出ることができなくても、店に立ち、その都度訪れる人にいろいろな話を聞くだけでも、自分が旅に出ているような新鮮な出会い、そして、エリさんが経験したことのないような未知の話をしてくれることが、旅そのものだと考えられるようになりました。

漂泊を訪れる人が話してくれたさまざまな経験を、同じパターンで悩んでいる人がいれば、こういうケースもあるよと教えます。全てが同じケースではなくとも、何か一つのヒントにしてねと、共有することはできると話します。

「お店は自分の舞台。来てくれるお客様が私やモノを通じて、ワクワク楽しんでくれることが何より嬉しく、それで漂泊は成立していると思う」

エリさんの娘の渾身の一作

漂泊はまだまだ未完成です。訪れてくれる人と共に作り上げていく。そして、子育てを終えた後には、また自由に世界を旅してみたい。どんどん世の中が変わっていく中、未来にやってくる旅とはどういうものなのか、予想がつかない自分の旅にワクワクするというエリさん。その旅路は、これからも続きます。