子どもはお茶目な失敗を重ねて成長していきますよね。

いろはまる。(@s___iro_)さんが、1歳のいろはちゃんのお茶目な失敗の様子をInstagramに投稿すると「表情が豊か」「可愛すぎます」「2回目は確信犯」などのコメントが寄せられ話題になっています。

そのときの様子について、ママさんに話を聞きました。

ママと叫んで抱き着いたいろはちゃん…

いろはちゃんが「ママ」と呼んで向かった先にいたのは、お姉ちゃんでした。

ママではなくお姉ちゃんでした(@s___iro_さんより提供)

間違えに気付いたいろはちゃんは、口を尖がらせてごまかしたような表情。

ごまかしたような表情のいろはちゃん(@s___iro_さんより提供)

普段からお姉ちゃんをママと間違えてしまういろはちゃん。
「ママ」と言い、後追いまですることも。今回も、お姉ちゃんは「またいつものことかな」という感じでしたが、いろはちゃんが間違ったことを指摘されてとぼけている様子が面白かったようで、大笑い。

その後もお部屋をウロウロしたり、ニコニコと笑ったり、ごまかそうとするいろはちゃん。

再び「ママ」と言ういろはちゃん(@s___iro_さんより提供)

そして、再びお姉ちゃんのところへ行き「ママ」と言ったいろはちゃんですが、どうやらわざと言っているようで、顔がニヤリとします。

お姉ちゃんのところでてへっと笑ういろはちゃん(@s___iro_さんより提供)

そんないろはちゃんは、お兄ちゃんにも「ママ」と言うことがあるそうで…。ママさんは「ママが何なのかよくわかっていないのかもしれません(笑)」と話していました。

いろはちゃんは、お水をこぼしたときや、何かを汚してしまったときなどにも「わわわわー!」と言いながら、両手でそれを消すかのような仕草をするそうです。

そんないろはちゃんに「こんな風に誤魔化したりとぼけたりするのが可愛いくて、本当に面白い子だなあと思いました。とぼけている顔を思い出しては笑っちゃいますね」と話すママさん。

ママさんは最近ハンドメイドの子ども服を販売する別のアカウントも始めました。
いろはちゃんもママが作ってくれたお洋服をたくさん着ているのではないでしょうか。

とても可愛いいろはちゃん。家族にたくさんの笑顔をもたらしているようですね。

この記事の写真一覧はこちら