幼い子どもにとって、弟や妹が生まれることは嬉しい反面、どうしたらいいのかわからないこともあるかもしれません。

3人のお子さんをもつ@yui.y.sei1110さんが、長男くんがお兄ちゃんになっていく様子をInstagramに投稿すると「涙出ました」「優しいお兄ちゃん」などのコメントが寄せられ話題になっています。

お子さんは16歳の娘さんと3歳の長男くん、0歳の次男くん。長男くんと次男くんの様子について、ママさんに話を聞きました。

最初は次男くんに触れなかった長男くん

次男くんが生まれたときは「可愛くない、触れない」と言った長男くん。最初は次男くんの顔を見ても、スーッと離れていったといいます。

最初は触れなかった長男くん(@yui.y.sei1110さんより提供)

ママさんが「お腹の中にいた赤ちゃんだよ」「いつもよしよししてくれてたよね」と説明しても、離れたところから真顔で眺めていた長男くん。もともと長男くんは恥ずかしがり屋で人見知り。そんな長男くんの性格を知っているママさんは「やっぱりこうなるよね〜!」と想定内だったとのこと。

しかしその夜、長男くんが突然の嘔吐。ママさんはそのときの心情について「幼稚園へ行きだした疲れもあると思いつつ、私のせいな気がして、幼い息子にどれほどの負担をかけてしまっているんだろうなと申し訳なく思いました」と教えてくれました。

ママさんは「どうしよう…」と退院初日から旦那さんの前で泣いてしまったといいます。

その後、長男くんが次男くんに歩み寄っていく時間が増えていきました。

そばにいるように…(@yui.y.sei1110さんより提供)

特に大きなきっかけはなく、家族みんなが自然体で過ごし、次男くんのことも前からいたかのように当たり前に接することを意識していたママさん。すると、長男くんが少しずつ次男くんに近づき始め、ホッペをつんつんしたり、手を握ったりしてくれるように。もともと小さい子が好きだった長男くんは、それからは可愛がってくれるようになったのだそうです。

また16歳の長女さんも、次男くんが生まれる前から楽しみにしていたといいます。

長女さんと次男くん(@yui.y.sei1110さんより提供)

そんな長女さんは「可愛い」しか言ってないのでは?と思うほど「可愛い」を連発。しかし、長男くんが生まれたときの長女さんは子どもが苦手でした。弟ができても可愛がらないと言っていた長女さんでしたが、初日から溺愛してくれる様子を見たママさんは、とても嬉しく心から感動したといいます。

ママさんは、長女さんに対し「長男が生まれてから3年半の間に、子どもへの苦手意識がなくなったことは、娘自身とても大きな変化だったと思います」と話していました。

「私、最近子ども平気かも!」「弟たちには敵わないけど、今日可愛い子どもと遊んだよ」「弟たちみたいに遊んであげたらすごく喜んだよ」と、明らかに言動や行動が変わったという長女さん。そんな長女さんが変わる姿に、ママさん自身も学ぶことが多かったといいます。

長女さんも長男くんも、自分より下の子が生まれてきたときは慣れるまでに2ヶ月かかっていたとのこと。そんな2人に対し、ママさんは「似たもの姉弟ですよね(笑)やっぱり家族の形が変わるときというのは、簡単にはいかないかと2回とも思いました。それでも素直に感情に出してくれるのはありがたく、そういう不器用な2人がまた愛しく。私たちには分からない思いと戦いながら、2人とも受け入れてくれてありがとうと思っています!」と話していました。

そんな子どもたち3人には、この先もずっと仲の良い姉弟でいてほしいという思いを抱くママさん。

今後のSNSでの投稿について「ありがたいことに、姉弟の成長を見守ってくださっている優しい方が多いので、引き続き歳の差3姉弟の日常を更新しながら、たまにくすっとしてもらえたり、ほっこりしてもらえたりしたら嬉しいです」と教えてくれました。

次男くんが成長し、3人の関係がどのようになっていくのか楽しみですね。

この記事の写真一覧はこちら