テレビドラマや映画、舞台にCMと活躍し、悪役から癒し系まで幅広い役を演じ分ける西丸優子(@yukonishimaru)さん。

令和6年2月、子宮体がんの治療中であることを公表し、Instagramで抗がん剤治療の経過、副作用、その日の自身の心境などを発信しています。

自らを『鬼メンタル』と語る西丸さんの発信は本当にポジティブなものが多く、病気について不安を抱える多くの人を勇気づけています。

この記事では、西丸さんが自分の身体に異変を感じ始めてから、完治に向けて治療中の現在までの思いや、今後目指している未来について聞きました。

「そっか、がんか」診断を受けたときは無だった

西丸さんが自分の身体の異変を感じ始めたのは令和5年の9月頃でした。
もともと生理不順だったこともあり、多少の不正出血は目をつむっていたといいます。

しかし、1ヶ月もの間出血が止まらず「これはさすがにおかしいな」と感じた西丸さんは、友人の勧めに背中を押されて検診に行きました。

そこで最初に疑われた病気は「子宮内膜異型増殖症」でした。

追加の検査や子宮内膜掻爬手術をした結果、子宮体がんのステージ1a期であると診断。治療のため、子宮と卵巣を全摘出することになりました。

このときすでにかなりの量の出血があり、1度にカップ1杯ほどの量を出血することもありました。仕事では貧血になりながら撮影し、カットがかかる度にトイレに駆け込んでいたという西丸さん。

医師から「子宮体がんです」と聞かされたときには、すでに覚悟はできており、驚きも悲しみも特にない無の状態だったといいます。
ただ、周りに心配をかけてしまうこと、仕事ができなくなること、愛犬を守らなければと、自分のことより周りの人たちのことが気になったと話してくれました。

子宮・卵巣全摘出手術と抗がん剤治療

手術は成功し、がん自体はキレイに取り除くことができました。

しかし病理検査の結果、脈管侵襲がみられたため中リスクと判定。6クールにわたって抗がん剤治療をすることになりました。

治療中、一番辛いと感じたことは?と尋ねると「手術中は自分は麻酔で眠っているだけですが、その間付き添ってくれていた友人や家族に心配をかけたのが申し訳なかった」と、ここでも周りの人たちのことを1番に気にかける西丸さん。

一般的にはかなりつらいイメージのある抗がん剤の副作用も痛みに対しては耐えられたものの、身体にできた発疹の痒みと、もともとたくさんあったはずのまつ毛が減ってしまったことは悲しく感じたのだそうです。(眉毛に関しては、事前にしていたアートメイクに救われたと話します)

スーパーポジティブなSNS発信

西丸さんの話す言葉には、聞いている相手さえもポジティブにしてくれるパワーを感じます。

「がんと聞くと、どうしてもネガティブに捉えてしまいますが、今まで別世界のことだと思っていたがんになり、経験してみなければわからなかった身体のすごさを感じたことや、家族や友人のことを考える時間がぐっと増えたことがありがたい」と話す西丸さん。

「この闘病経験をも財産にして、これからも色々な役を演じたい」と俳優としてもしっかり前を向いていました。

この記事の写真一覧はこちら