中川夜

中川夜

ろう者ライター

香川出身、東京育ち。生まれつき難聴。 24歳のときに精神を患い、身体と精神の重複障害者に。 生き方を模索するなか、恩人との出会いをきっかけに、「手話」を言語とする「ろう者」として生きることを決める。 音や声のない世界の視点から、文章を書いています。 聴覚障害者は、目で見て生きている人であること。手話は、ろう者にとってかけがえないな言語であること。そのことを、多くの方に感じていただけるように発信を続けています。 友人とおしゃべりしながら美術鑑賞をする時間が至福。

書いた記事一覧