ほほ笑みの国、敬虔(けいけん)な仏教国、親日国として知られるタイ王国。日本と同じお米文化の国で生まれたタイ料理には、蒸し暑い土地で元気に過ごすための知恵がいっぱいにつまっているといわれています。

広島県尾道市防地町で、親子が経営する小さなお庭カフェ「Zeshin Onomichi(ぜしん おのみち)」には、本場のレシピでていねいに作られるタイ料理をはじめ、ココナッツシュガー、竹細工など、タイの魅力がいっぱいです。

お庭カフェ

「Zeshin Onomichi」(以降:Zeshin)は、「好きなタイのことをもっと知ってほしい、タイのことを伝えたい」との思いで、2021年10月にオープンしました。タイで5年半暮らした経験を持つ、代表の鳥内 美邦(とりうち みな)さんと、母、妹の3人で切り盛りしています。

代表の鳥内 美邦(とりうち みな)さんとお母さん

タイのレシピで作られている料理は、グリーンカレー、カオマンガイ、ガパオライス、パッタイの4種類。美邦さんが一番好きなタイ料理だという、グリーンカレーを注文しました。

まず運ばれてきたのは、お母さん手作りの前菜です。

庭で採れたきんかんや、畑で育った野菜などを使った和風の前菜は、実家に帰ってきたような気分になる、優しいほっとする味。

続いて出てきたのは、サラダとスープ。

大根と人参のサラダは、シャキシャキと心地よい食感です。チキンスープは、なんだかほんのりと不思議な風味。

「実は、タイではパクチーの根を一緒に煮込んで風味付けをするんですよ。タイではむしろ、パクチーは葉っぱよりも根っこのほうをよく使います」
という美邦さんの説明にうなずきました。

いよいよグリーンカレーの登場です。

「食べ方は?」と尋ねると、ご飯にカレーをかけても、ご飯をカレーに浸しても、別々に食べても、どんな食べ方でもよいとのこと。粘り気の少ないあっさりとしたタイのお米は、カレーとの相性が抜群です。

具だくさんのグリーンカレーには、鶏肉、たけのこ、ナスが入っています。夏には畑で育てたタイのナスを、冬は普通の長なすの皮をむいて使用しているそうです。

グリーンカレーは、パクチーやレモングラス、青唐辛子などの自然なハーブの色を生かしたカレー。ココナッツミルクを使うこともタイのカレーの特徴で、浮いているのはココナッツミルクから分離させた自然のオイルです。

正直に言うと筆者はココナッツの独特の香りが少し苦手なのですが、このグリーンカレーはココナッツ臭があまりしません。それよりも、ハーブの香りがしっかりと感じられます。

タイ在住歴5年半

タイが好き、人が好き! という、鳥内 美邦さんにインタビューしました。

ほほ笑みの国タイが大好きだと語る美邦さん自身も、明るい笑顔が素敵な人です。

──美邦さんとタイとの関わりを教えてください。

鳥内美邦(敬称略)──
25歳のころ、ふと、語学を学びたいと思ったんです。英語は学校で勉強したのに全然話せない、それなら、何語ならいいだろうと考えたときに、旅行で訪れたタイが思い浮かんだんですね。
近所のカルチャーセンターにタイ語教室があったので、これだ!とタイ語を学び始めました。そうすると、タイ人やタイが好きな日本人とのつながりが広がります。それで、ますますタイが好きになりました。
27歳で思い切ってタイへ語学留学に行き、住んでさらにタイに魅せられてしまったんです。1年半の語学留学を終えた後、現地採用で日本人上司の秘書として3年働きました。一度帰国したのですが、また出張で1年ほどタイに行ったので、合計5年半、タイで暮らしたことになります。
タイは日本からほどよい距離にありながら、治安がよくインフラが充実しているうえに、親日的な国です。女性がひとりでも歩ける国、といったらタイの治安をイメージしてもらえるでしょうか。これらの理由から、タイには日本企業も数多く進出していますね。

カフェオープンの経緯

天気がよければ、庭のテーブルでのんびりと過ごすのも気持ちよさそうですね。

──カフェのオープン前にココナッツシュガーの輸入販売をしていたとか。

美邦──
はい。妹が身体によい砂糖を探していて、ココナッツシュガーに興味を持ったんです。タイでは普通に食べられている砂糖だったので、それなら日本にココナッツシュガーを広めよう、それがタイのことを知ってもらうためのきっかけにもなる、と思いました。
ココナッツシュガーは、作っている農家によって少しずつ風味が違うので、知り合いのつてをたどったり、Facebookから農家を探したりして仕入れています。
あるとき、ココナッツシュガーをもっと知ってもらおうと、Segar-Beansの花岡さんとユニットを組んで、イベントとして1日だけのカフェを出すことにしたんです。そのときに、お菓子と一緒にタイ料理も出してみました。

──それがカフェのオープンにつながったわけですね。

美邦──
そうですね、母方の祖父母が亡くなって空いてしまった家をリフォームすることにしたときに、私にできること、やりたいことを考えたら、タイだったんです。これから歳を重ねていく母が、生き生きと働ける場所も作りたかった。大好きなタイと、母のために作ったのがこのカフェです。

──なるほど。お母さんやご家族への気持ちがこのカフェの心地よさを作っていたのですね。こちらのタイ料理は食べやすく感じたのですが、日本人向けにアレンジをしていますか。

美邦──
いいえ。タイで覚えたレシピをそのまま使っています。タイ料理は、そもそも日本人の口にとても合う料理なんですよ。
レシピだけではなく、お皿もタイのセラドン焼を使っています。タイの料理は、タイのお皿に載せたときが一番美しく見えるんです。

タイ3大焼き物の1つであるセラドン焼

──タイ料理にはたくさんのハーブを使うと聞きました。

美邦──

はい。タイ料理にはさまざまなスパイスやフレッシュハーブを使います。レモングラスやパンダンリーフ(ニオイタコノキ)、タイバジル、パクチーなどは、庭や温室で育てています。でも、なかなか冬越しができないですね。
タイ料理には欠かせないコブミカン(マックルー)も、鉢植えで育てているところです。柑橘系の独特の強い香りがあって、葉っぱはグリーンカレーの風味づけにも使います。これも冬越しが難しいので、国内ではあまり栽培されていないようです。

コブミカンの葉

──デザートのヨーグルトには、ココナッツシュガーか自家製の蜂蜜かを選べるのですね。この蜂蜜とは?

美邦──
ここでニホンミツバチを飼っています。本物の、自家製蜂蜜です。

壁際にある木箱がハチの巣箱

これからの夢

──ここに来るお客さんはどんな人ですか。

美邦──
近所から来てくれる人のほか、Instagramを見て足を運んでくれる人も多く、倉敷や広島市内からも来られます。オープニングやクリスマスにはイベントを企画したのですが、定期的なイベントでお客さんにくつろいでもらいたいと思っています。
Zeshinに行けば楽しいことがある、コーヒーを飲みながらおしゃべりをして楽しい時間を過ごせる、そんなふうに思ってもらえる場にしていきたいですね。

──タイのこともいろいろ聞けるカフェ、ですね。

美邦──
そうですね。私は、タイのことを伝えていけるのが、本当に楽しくて仕方ない。お客さんにも、コロナ禍が終わったら一緒にタイに行きましょう、私と行ったら絶対楽しいですよ、と言っています。タイは治安がいいし、ローカルなところも、ハイソサエティなところも両方楽しめるところが魅力です。
タイってこんなに素敵なんです、楽しい、いいところなんです、と伝えたい。タイの料理だけでなく、タイの文化、タイそのものを感じてもらえる場所にしていけたらいいな、と思っています。
海外に行くようになって知ったのですが、私の「ミナ」という名前はどこの国にもあって、どこでも呼んでもらえる名前なんです。また、海外の人は日本の漢字には意味があることを知ると、ミナの名前にはどういう意味があるんだ、と聞いてきます。私が「美しい日本」という意味ですと答えると、「素晴らしい!」ととても喜んでくれるんです。いい名前をつけてもらったな、と両親に感謝しています。

タイを感じる、タイが身近になるカフェ

Zeshinは、大好きなタイとお母さんのために作られた、温かみに満ちたカフェです。ここで味わえるのは、タイ料理だけではなく、タイの心、タイそのもの。美しい日本という名前の美邦さんが、日本とタイとをつなぎます。

タイを身近に感じたい人はぜひ、美邦さんの話を聞きに行ってみてください。

ココナッツミルクゼリーとココナッツチョコレート

この記事の写真一覧はこちら