テレビ番組などで活躍するフードファイター以外の完食者は、ここ10年で10人以下。大食い自慢の猛者たちの心を、いとも簡単にへし折るような超巨大かつ丼が、高知県大豊町にあります。その重量は、驚異の約5.4キロ(皿の重さを除く)。トンカツは揚げる前で約800グラム、ご飯だけでも6合ほどあるそうです。

【写真】巨大かつ丼の調理工程

「決してデカ盛りチャレンジをやっているわけではない」というこの店で、なぜそんなメニューが生まれたのか。「ひばり食堂」店主の小笠原主仁(かずひと)さんに取材しました。

「ひばり食堂」店主の小笠原主仁(かずひと)さん

美空ひばり ゆかりの地で

四国のほぼ真ん中に位置する、高知県大豊町。四国山地の山々や、町の中央部を流れる吉野川が美しい、自然に囲まれた町です。昭和の大スター・美空ひばりさんゆかりの地としても知られています。

美空ひばり歌碑・遺影碑と、大豊の山々

そんな美空ひばりさんにちなんで名づけられたという「ひばり食堂」は、今から約40年前に創業。高知自動車道・大豊ICの近くにあります。午前11時半から午後2時半までの営業で、お昼時は行列が絶えない人気店です。隣は精肉店で、どちらも小笠原さんが営んでいます。

ひばり食堂・外観 お昼時は行列が絶えない

圧巻! 倍増かつ丼ができるまで

丼ものやラーメン、定食など、数々のメニューが並ぶひばり食堂のなかでも、かつ丼はオープン当時からある、屈指の人気メニューです。

通常サイズのかつ丼(税込900円)

通常サイズでも、約1合のご飯にトンカツ約200グラムが乗っていてボリューミー。大盛(+200円)はその2倍の量。さらにその上を行くのが、倍増(税込1800円)なのです。

その調理工程を見せてもらいました。

肉1枚がドドンと約200グラム

トンカツには、精肉店も営む小笠原さんが、「美しさ」にこだわった豚バラ肉を使用。大量に盛られた玉ねぎの上に、揚げる前で約200グラムのトンカツを、4枚も乗せていきます。

この時点でもう十分おいしそうです

小笠原さんが特にこだわっているのが、たっぷりの卵。倍増では、12個~13個を使用します。

「僕は白い飯が見えるかつ丼、嫌いなんよ。なんか上にちょっとのっちゅうだけみたいな。卵のとろとろ、おいしいと思う。あれ好きなんよね」

卵好きの小笠原さんにとって、一番のこだわりポイント

器は、高知県の郷土料理、皿鉢(さわち)料理に使われる大皿を使用。約6合の白米の上に、2人がかりで盛り付けをしていきます。

重すぎて1人では盛り付けできない

こうして完成するのが、総重量約5.4キロ(皿の重さを除く)の超巨大かつ丼。その迫力に食べる前から圧倒されます。

通常サイズとの比較。もはやお盆より大きい。机の半分近くも占める。

もちろん、その味も絶品。精肉店こだわりのトンカツだけでなく、小笠原さんが自分で作っているという大豊町産のお米が、より一層食欲をかき立てるのです。

超巨大かつ丼が誕生したワケ

ひばり食堂はもともと、すべてのメニューがボリューム満点です。

「ここ田舎やん。遠くから来たら、1時間とかそれぐらいかかる。ちょっと量、多めに盛っとかんとよ、途中で腹減ったらまた食わないかんやん。山来たら精一杯ね、ご飯だけでもいっぱい、というのはあって」

インタビューに答える小笠原さん ※撮影時のみマスクを外しています

とはいえ、かつ丼倍増を始めた当初は、通常の3倍ほどの量だったそう。それが、完食する客を見るたびに4倍、5倍と徐々に量を増やしていったそうです。

「何でも進化するやん(笑)止まったらいかんがよ、前を向かな(笑)」

「最後は遊び心だと思う」と笑う小笠原さん

こうして生まれた6倍のかつ丼倍増ですが、値段は通常サイズの2倍の1800円(税込)。ここにも、小笠原さんの思いが秘められています。

「原価から言うたら、3000円~4000円かかる。金額は僕も安いと思うよ。たぶん作っただけ、後ろへ行きよると思う。けど、3000円4000円のを食べても『当たり前』って思わん? けど、1000円2000円のあれやったら『安かった』って思う。『食べた価値があったな』って。そこの価値観を大事にしたかった」

もちろん原価割れ。本当に食べられる人だけがチャレンジしてほしい。

誕生のきっかけ、ボリューム、値段、すべてが“お客さんの満足”を考えての、小笠原さんの粋な計らいだったのです。

「『食べたよ』っていう言葉もええですよね、響き。『おいしいよ』って言われるのと一緒で」

いのしし焼肉丼(税込800円) かつ丼以外にもおすすめメニューはたくさん

かつ丼の他にも、ここならではの、いのしし肉を使ったメニューなど、食欲をかき立てられるメニューが盛りだくさんの「ひばり食堂」。高知県、そして大豊町を訪れた際には、ぜひ立ち寄りたい名店です。

ひばり食堂・内観

【ひばり食堂】
住所:高知県長岡郡大豊町高須226
電話番号:0887-72-0972
※倍増は要予約で、1人で食べ切るのが条件
※食べ切れなかった人がいた場合は、約3か月注文がストップします

この記事の写真一覧はこちら