全国の高等学校が制作する学校紹介動画はYouTube上に数多く投稿され、なかでも際立っているのがドローンのワンショット撮影で部活動を紹介する動画。ワンショット撮影とは、シーンの最初から最後までカットすることなく、連続して撮影する手法のことです。

そのワンショット撮影をドローンで行ない、今までにない学校紹介ビデオを制作したのが広島県立福山誠之館高等学校(以下、誠之館高校)放送部。ドローンを使った学校紹介ビデオを2020年8月に公開し、2021年は学校紹介ビデオとしてミュージックビデオの制作にチャレンジします。

放送部の枠をこえ有志のメンバーで構成されたプロジェクトチーム「まことのワクワク発信!放送局」はミュージックビデオの制作を実現するため、クラウドファンディングで資金を調達予定です。

短い高校生活のなかで、自分たちができることに思いっきりチャレンジして思い出を残したい! 前進している「まことのワクワク発信!放送局」の5名と、顧問の先生、講師の先生に、ミュージックビデオを制作するようになったきっかけや思いを聞いてきました。

ドローンを使った学校紹介ビデオ

「ドローン撮影によるワンショット映像」より

2020年、誠之館高校では学校行事のほか、中学生に向けて開催されるオープンスクールが開催できない事態になりました。しかし、毎年学校紹介ビデオを制作していた放送部の生徒たちは、このような状況のなかで立ち上がります。

これまでの学校紹介ビデオとは違う、今までにないオープンスクール用の動画の制作を外部講師の岡田秀一さんと一緒に始めたのです。

岡田さんは一般社団法人 広島県ドローン協会の顧問で、これまでも他校で生徒の映像制作をサポートしている方。強い味方を得た放送部は、第1弾のドローンワンショット映像による学校紹介ビデオ「部活動編」と、第2弾ニュース風「学校生活編」の制作を進めていきました。

「部活動編」メイキング映像より

ドローンを使った「部活動編」は、卒業した放送部部長を中心に、生徒自らが動画の構成を考えたそうです。ニュース風の「学校生活編」は、学校生活をニュース番組のように作り上げました。最後のお天気コーナーでは国語の先生が受験生に役立つお天気ニュースを伝えるなど、見ごたえがありかつユニークな動画になっています。

「まことのワクワク発信!放送局」

ドローンを駆使した学校紹介ビデオを制作し大成功した誠之館高校放送部。2021年のオープンスクールで公開する学校紹介の動画として、あらたにミュージックビデオを制作することになったきっかけは何だったのでしょう。

◇きっかけはOBのコロナ禍でも希望を持ってチャレンジする姿

2020年のオープンスクール用学校紹介ビデオを無事制作した放送部は、次に学校OBを中心にしたインタビュー動画、「コロナ禍に立ち向かう大人たち」の制作に取りかかります。

「コロナ禍に立ち向かう大人たちvol.1」より

その1回目をYouTubeに投稿したのは2021年2月。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、日常生活に制限が多くなるなかでも、創意工夫によりいろいろなことにチャレンジするOBを中心にインタビューします。インタビューを通して、もっとできることが自分たちにもあるのではないかと考えるようになったそうです。

その答えが、2020年に学校紹介ビデオの候補になりながら実現できなかった、ミュージックビデオを制作することでした。それも、自分たちの想いを最大限伝えることができるオリジナル楽曲でのミュージックビデオ制作です。

オリジナルミュージックビデオの制作は、放送部有志と放送部以外の生徒の有志による部活動間の垣根をこえて結成されたプロジェクトチーム、「まことのワクワク発信!放送局」が行なうことになりました。

◇ミュージックビデオを実現するためにクラウドファンディングを利用

チラシを作り生徒自ら応援を募る

「プロジェクトチームの力だけでは、ミュージックビデオの完成までたどり着けない……」と思ってしまうほど課題はたくさんありました。一番の問題は動画の撮影や編集作業などの制作にかかる費用です。またオリジナルの楽曲を用意するためには、作ってもらう人が必要。

「どうすればいいのか?」考え出した答えはクラウドファンディングを使うことでした。何としてもミュージックビデオは作りたい!その願いを多くの人に応援してもらおうと考えたのです。

この記事の写真一覧はこちら