手厚いサポートは障がいのある人、つまりは「当事者」だけのものなのでしょうか。「いいや、育てている保護者たちにも必要だ」と考えを持った人たちが、2012年12月にピアサポートの団体を立ち上げました。

それが、運営メンバーが障がい者の親で構成されている「NPO法人 ペアレント・サポートすてっぷ」。岡山県倉敷市新田にて「保護者の居場所 うさぎカフェ」を開き、同じような境遇の仲間が集まり、運営メンバーも含め気軽に相談できる場所になっています。

筆者自身も発達障がいのある子の親であり、雰囲気を体験してみたいと思い「うさぎカフェ」へ行ったことがあります。そして、ペアレント・サポートすてっぷの思いや理念などに共感し、もっと知りたい!と思いました。

各種障がいの認知度が上がりつつある世の中で、ペアレント・サポートすてっぷはどのような役目を担っていくのでしょうか。当事者、非当事者の枠組みではなく、社会の一員として知ってほしいことを紹介します。

ペアレント・サポートすてっぷとは

外観は普通の住宅

ペアレント・サポートすてっぷ(以下:すてっぷ)は、障がい者の保護者をサポートする団体です。中心の運営メンバーも障がい者の親で、保護者をもっとも理解できる構成となっています。各メンバーが経験してきた事柄から「保護者の支援こそが重要だ」と考えた結果、団体名に「ペアレント(親)サポート(支援)」の言葉が入りました。

ただし、ペアレントサポートをするだけが目的ではありません。保護者へ「ピアサポート(相談支援事業)」などを行った結果、間接的に障がいのある子の健全な育成に貢献できることを目的としています。保護者が運や不運、住んでいる場所に左右されることなく支援者とつながる仕組みを作り、支えを感じながら安心し子育てができる社会の実現を目指しているのです。

すてっぷの主な活動は、大きく分けて3つあります。

・保護者の居場所 うさぎカフェ
・倉敷子育てハンドブック ひとりじゃないよ
・その他活動(講演会、茶話会、イベント、オンライン講座、支援者養成講座)

このなかから「保護者の居場所 うさぎカフェ(以下:うさぎカフェ)」を紹介します。

保護者の居場所 うさぎカフェ

玄関先に「うさぎカフェ」の看板があります。

うさぎカフェは、名前のとおり保護者同士の交流、癒しを目的とした”居場所”として2016年4月から運営されています。カフェのスタッフへ気軽に相談をすることも可能です。

日々の生活のなかで「これは困った、よし、相談をするぞ」と力んでしまうと、なかなか場に出かけられないし、場に行ったとしても相談しづらいもの。相談者の敷居を下げてくれるうさぎカフェのポイントは、ただの”相談所”とはせず、カフェとして飲食代を利用者が支払うこと。これにより、スタッフとの立場が対等に近くなり、気軽に相談しやすくなる。

筆者は「おいしい食事をしているときに話をすると、緊張もほぐれるよなあ」と、ふと思いました。そんな効果もあるのかもしれません。

とある日のランチ(画像提供:すてっぷ)

2021年4月下旬、実際に筆者・妻・子どもの3人でうさぎカフェを利用してみました。スタッフや、理事長の安藤 希代子(あんどう きよこ)さんから声をかけてもらい、「気にかけてもらえているんだな」と安心感が増したものです。

同じ日に利用していた人は、親子や1人、2人連れとさまざま。子どもを連れていたこともあってか、お互い初対面であっても「何歳ですか?」「かわいいですね」など気軽に話もできます。とてもあたたかい雰囲気を感じました。

なかには、「さっき少し話が聞こえたんだけど」と利用者同士で、先輩お母さんからの助言的会話もうまれるそうです。

1人1人の声を聞く活動を

ペアレント・サポートすてっぷを設立した、理事長の安藤 希代子(あんどう きよこ)さんにインタビューしました。

理事長の安藤 希代子(あんどう きよこ)さん

──すてっぷ発足のキッカケを教えてください

安藤(敬称略)──

障がいのある子の「親の会」の役員をやっていた者同士、3人で始めました。この「親の会」は規模が大きすぎて、1人1人の親の声を聞くことができない状態になっていたんです。規模が大きいと行政に何かと伝えることはできますが、個々に困っていることに耳を傾けることができません。「親の会」ではできなかった、1人1人の声を聞く活動を始めようと思ったのがキッカケです。

基本的には、自分たちが子育てをしていたときに「あったらよかった」というものを、これからの若い子育て世代に伝えるスタンスです。

「倉敷子育てハンドブック ひとりじゃないよ」

──障がい者の親たちには、どんな人がいる?

安藤──

「うさぎカフェに来る親」と「私たちが出張した先で出会う親」では、それぞれタイプが違います。

わざわざ「うさぎカフェに来る親」は、思いつめやすく真面目な人が多いです。子どものことについての相談先が見つからず困り果て、すっごいドキドキしながらも、藁にもすがる思いで来られます。でも逆に言えば、うさぎカフェまで来られるだけのエネルギーを持っているとも言えます。自分から動ける人たちは、そんなに心配がありません。苦しい時期があっても適切なサポートさえあれば、自分の力で乗り越えていかれます。

いっぽうで「私たちが出張した先で出会う親」は、困っているんだけど、うさぎカフェまで来るエネルギーがありません。この人たちのほうが、困り度が高めです。問題がこじれやすかったり、場合によっては人の助言を受け入れにくいこともあります。

だから、私たちはうさぎカフェで待っているだけではダメだと思っているんです。いろいろなところに出かけて行ったり、いろいろな切り口を持っていたりと、困っている人たちとの接点を持てるようにしなくてはいけない。うさぎカフェに来る人たちだけを「障がいのある子の親」だと認識してはダメだと思っています。

うさぎカフェでの相談

──相談を受けたとき、つられて気持ちが落ち込むことはある?

安藤──

私は、落ち込むことはありません。でもなかには落ち込む人もいます。相談を受ける人は、向き不向きもあるかもしれません……。

お子さんがまだ小さいうちは、私たちと同じような取り組みをして他の親の相談に乗ることはおすすめしません。自分の子どもが相当大きくなってからじゃないと、やれないと思っています。なぜなら、自分がいっぱいいっぱいのときに人の相談を受けるのは負担が大きいし、まだ自分自身でもわからない部分が多すぎるはずだと思うからです。

いろいろなことを消化したうえで、「やるならやってください」と声をかけています。

でも、私たちみたいな取り組みをやってほしいというよりは、障がいがある子のお母さんお父さんたちには、親としての個人的な背景を持ちながら社会のいろいろな場所で、いろいろな立場で仕事をしていてほしいです。そのほうが、障がい者が社会に出たときに、いろいろなところに理解者がいることになる。町のパン屋さんが障がい者の親でした。勤めている会社の部長が障がい者の親でした。っていうほうが、よいと思っています。

──うさぎカフェに、男性(お父さん)も相談に来ることはある?

安藤──

全体の2~3%くらいかなぁ、と思います。奥さんと一緒にくるとか、連れてこられた体(てい)が多いです。お父さんが一人で相談にくるパターンだと、1%かな。1人ではなかなか来ませんね。うさぎカフェのなかは女性ばかりなので、来づらいってのもあるかと思います。

だからこそ、お父さんのための「ウサギ食堂(※)」があるんです。スタッフも男性で固めました。そのおかげか、うさぎカフェではあまりしゃべらない印象のお父さんたちですが、ウサギ食堂のときはめちゃくちゃしゃべるんです!きっと奥さんと一緒にいるときじゃ、しゃべりづらいんでしょうね(笑)

※夜の時間帯で行われており、父親を対象とした場

この記事の写真一覧はこちら