広島県・福山市民の「ソウルフード」とまで呼ばれ、愛されていた老舗大衆食堂「稲田屋」の関東煮(かんとうに)と肉丼(にくどんぶり)。残念ながら2020年9月に閉店してしまいました。福山市民にとって、とても寂しいニュースとなったのです。

それから約3ヶ月後の2020年12月、さらに驚きのニュースが飛び込んできました。福山市鞆町で長く海産珍味・水産加工品を製造してきた阿藻珍味(あも ちんみ)が、稲田屋の事業を継承するというのです。

そこで阿藻珍味 本社を訪れ、社長から事業を継承した経緯や今後の展開についてインタビュー。また、味を直伝されている最中の社員にも話を聞きました。

100年以上の歴史持つ、市民のソウルフード

閉店前、2020年9月中旬のようす

稲田屋は、福山中心部で2020年9月まで営業していた老舗の大衆食堂です。少なくとも大正8年(1919年)には営業をしており、100年以上の歴史がありました。数あるメニューのなかでも「関東煮」と「肉丼肉皿(にくざら)」は福山市民に長きにわたって愛され、郷土の味といわれています。

旧 稲田屋の関東煮

関東煮とは、串にブタやウシの内臓肉を刺し、甘いタレで煮込んだもの。ガツ(ブタの胃)とブタの小腸を刺した「シロ」と、フワ(ウシの肺)とブタの小腸を刺した「クロ」があり、甘い味付けがクセになります。

肉丼とは、牛肉・豚肉とゴボウ・タマネギ・ネギを甘辛い味で煮込み、ごはんの上に載せたもの。ごはん無しが、肉皿。甘めで家庭的な懐かしい味わいです。

旧 稲田屋の肉丼

一方、阿藻珍味は1949年に現在の福山市鞆町で設立された、食品製造・販売や飲食店運営などをおこなう企業で、70年以上の歴史があります。水産加工品をはじめ、土産用尾道ラーメンなどで知られ、飲食店「小魚 阿も珍」の運営でもおなじみです。

阿藻珍味 本社

屋号も継承し、「稲田屋」として販売

福山に根付いていた名店の味がまた食べられると、心待ちにしている市民も多いでしょう。そこで、阿藻珍味の代表取締役・社長の粟村 元則(あわむら もとのり)さんへインタビュー。稲田屋の事業を受け継いだ経緯、今後の展開や心意気などについて話を聞きました。

阿藻珍味の社長・粟村元則さん

──稲田屋の事業を受け継いだ経緯を教えてほしい。

粟村(敬称略)──

もともと、稲田屋の稲田 正憲(いなだ まさのり)社長(当時)と弊社の会長・阿藻 盛之(あも もりゆき)はお付き合いがありました。話をするなかで、阿藻が「もし後継者がいないなら、教えてよ!」という話をしていたそうです。それは稲田屋さんが閉店するずっと前の話。軽い冗談として話したことでした。

しかし2020年になり、本当に閉店すると稲田社長から連絡があって、会長はとても驚いたんです。市民に愛されている味を残すため稲田さんの力になれるのならと、会長は阿藻珍味として稲田屋を受け継ぐことを決意しました。ただし、ほかにも継承したいという方がいたそうなので、あくまでもほかに候補がいない場合に継承させてもらおうという気持ちだったんです。

──結果として、阿藻珍味が稲田屋を継承することになった。

粟村──

はい。 稲田社長から弊社をご指名いただいたんです。弊社は稲田屋さんにはおよびませんが、1949年からずっと水産加工品を中心に食品製造・販売に携わってきました。そのことが評価されたのかもしれませんね。そして、2020年12月15日に事業の譲渡が完了しました。

──今後、どのように展開していくのか?

粟村──

弊社が譲り受けたのは、屋号看板商品のメニューレシピです。最初は、「福山市民のソウルフード」といわれている関東煮と肉皿の持ち帰り販売を始める予定です。屋号も継承していますので、阿藻珍味としてではなく「稲田屋」として販売をしていきます

──実店舗(飲食店)はやらないのか?

粟村──

まずは、関東煮の持ち帰りでやっていこうと思っています。初めは試験的に限定出店し、状況を見て固定店舗を出店していきたいですね。ある程度軌道に乗ってきたら、肉皿の持ち帰り販売も視野に入れていければと思います。そして福山のみなさまに「阿藻珍味は稲田屋の味をシッカリと守っている」と思ってもらえるようになれば、飲食店というスタイルにも挑戦してみたいなと思います。だから、まずは関東煮の味を地元のお客様に認めてもらうところからですね。

旧 稲田屋の立て看板

実は稲田屋さんから、関東煮の大鍋や店の立て看板をいただいたんですよ。

実際に稲田社長が店で売っていたように、大鍋から関東煮をトレーに入れてお客様に渡すようなスタイルができたらいいなと考えています。またロゴも旧 稲田屋時代に近いものにしたり、いただいた立て看板も活用したりして、なるべく旧 稲田屋をイメージできるようにしたいですね。

──粟村社長も稲田屋には なじみがある?

粟村──

実は、父が稲田屋に近い地区の出身なんです。だから、父はかなり稲田屋にはなじみがありました。私は店にあまり行ったことはないんですが、実家に寄ったついでに稲田屋の関東煮などを父が持ち帰ってくれたんです。ですから、自宅で稲田屋さんの関東煮をよく食べていましたよ。子どもにとって、あの甘い味はたまらないですよね。

インタビューに答える粟村さん

──事業を継承して、今後に向けての気持ちは。

粟村──

私たちは、今まで水産加工品が中心でした。尾道ラーメンも、海産物の知識や技術を生かしています。一方、関東煮も肉皿も肉ですよね。魚介は得意分野ですが、肉という分野は新たな挑戦です。ですから稲田屋さんを継承することは、阿藻珍味にとって新たな力になると思っています。

また弊社の商品は、土産物向けのご利用と地元の家庭向けのご利用が半々くらいでした。コロナ禍になり、土産物向けの売上は減少しましたが、地元向けの売上は上昇したんです。なのでコロナ禍をきっかけに、地元のお客様のありがたさを感じています

稲田屋さんは、福山市民に長く愛された店。地元のお客様に向けて、慣れ親しんだ味を提供できればと思っています。