広島県福山市の鞆地区にある鞆の浦は、スタジオジブリ作品「崖の上のポニョ」の舞台のモデルとなった町です。

この町に、宮崎駿(みやざき はやお)監督がデザインを考えたという食事処・宿、「御舟宿 (おんふなやど) いろは 」があることを知っていますか?しかも、いろはの建物は江戸時代末期に、坂本龍馬 (さかもと りょうま)が訪れたという歴史的に重要な建物なのです。

坂本龍馬が「いろは丸事件」の談判をした築220年の歴史ある町家

いろはは、鞆にある古い町家を改装した食事処・宿です。建物は築220年で、江戸時代末期には坂本龍馬が訪れました。

御舟宿 いろは(広島県福山市鞆町鞆)

1867年5月(慶応3年4月)に、龍馬ら海援隊(かいえんたい)が乗った船「いろは丸」と、紀州藩が乗った船「明光丸」が、笠岡市・笠岡諸島の六島周辺で衝突。その後、いろは丸は沈没してしまいました(いろは丸事件)。

そして、龍馬らと紀州藩のあいだで賠償の談判(交渉)がおこなわれました。その談判がおこなわれた場所のひとつが、現在のいろはの建物なのです。

談判がおこなわれた可能性が高い座敷部屋。食事も可能

当時は「魚屋 萬蔵 (うおや まんぞう)」という陶磁器を扱う商人の店舗・自宅だったので、現代では「旧魚屋萬蔵宅」とも呼ばれています。

明治以降、雑貨店などいろいろな店として利用され、最後は呉服屋となったあとに2年ほど空家となってしまいました。その後、坂本龍馬ゆかりの歴史ある建物を残すため、鞆で空き家再生を手掛けていたNPO法人「NPO法人 鞆まちづくり工房」が中心となり活用する活動を始めたのです。

そして、鞆の浦を気に入った映画監督の宮崎駿氏が町家のデザイン画を描き、それをもとにリノベーションされました。魚屋萬蔵宅は宮崎監督のデザイン画を元にリノベーションされ、食事処・宿として生まれ変わり、2008年に御舟宿いろはとしてオープンしました。

いろはのロゴマークも宮崎監督のデザイン

1階は食事処、2階は「町家体験」のできる宿

いろはの1階は、食事処です。店内は昔の町家の建物を生かしており、歴史を感じさせます。

窓から差し込む光に照らされると、昔ながらの町家の雰囲気がより美しく感じる。

すべての食事を店内で調理しており、鞆の浦・福山などにゆかりのある料理が味わえます。

いろは御膳(税別1450円)

一番人気のメニュー「いろは御膳」は、鯛漬けをメインとした膳です。鯛漬けは、瀬戸内海の鯛の切り身を酒・昆布などに一週間以上漬け込んだもの。身は締まっており、コリコリとし弾力がある力強い歯ごたえで、かみしめると鯛のうまみ・風味が染み出てきます。ごはんと鯛漬けがあと数口となったところで、ダシ汁をかけて茶漬けでも楽しめるのです。

美しい鯛の身と皮

客室は「みんなで部屋」「かけもちもの部屋」の2部屋です。

「みんなで部屋」は、元お座敷だった部屋を活用。8畳と6畳の和室二間続きの部屋で、6名まで宿泊できます。「かけもちもの部屋」は、蔵を改装した12畳の和室で、宿泊人数は5名まで。1階にはお風呂があります。

「かけもちもの部屋」蔵を改装して客室に

いろはの宿は、「町家体験」をテーマにしています。昔ながらの町家の部屋で宿泊することで、現代の日常ではなかなか味わえない懐かしい雰囲気を楽しめるのが、醍醐味なのです。